一般社団法人 アジアインバウンド観光振興会

TEL 03-5937-4579FAX 03-5937-4648AM10:00-18:00

AISO認定「ツアーガイド」資格 設定の経緯

AISO認定「ツアーガイド」資格 設立の経緯

従来、訪日外国人旅行者に対して、外国語による有料の観光案内業務を行う為には、「通訳案内士」資格が必要です。登録されている「通訳案内士」は英語での案内士が約7割を占めています。一方で、中国人旅行者の個人ビザ解禁などを背景に「アジア圏」の訪日旅行者が急増しています

「アジア圏」からの訪日旅行者の割合は全体の約7割にも達しています。

その為、「中国語」「韓国語」での通訳案内士が不足し、いわゆる無資格ガイドが横行し、旅行の質の低下が懸念されております。これは「観光立国」「訪日旅行者3000万人」を目指す我が国にとって、非常に憂うべきことです。

平成21年6月から、観光庁主催の「通訳案内士のあり方に関する検討会」が開催され、協議の結果、増大なる訪日外国人旅行者の多様なニーズに柔軟に対応するためには、通訳案内士と通訳案内士以外のガイドが連携することによって、あらゆる外国人旅行者のガイド需要に対して良質なガイドサービスを提供できるような制度を早急に構築する必要があるとし、総合特区法を活用した通訳案内士制度の特例措置を設けることが有効かつ確実な方策であるとの改革の方向性が示された。今後AISOは総合特区制度に基づき、各自治体等とも協力していきます。またAISOは、外国人旅行者に質の高いガイドサービスを提供できる人材を輩出し、通訳案内士資格取得に向けて積極的に取り組みます。

ツアーガイドとは

「ツアーガイド」とは、AISO認定ツアーガイドとして、訪日外国人旅行者に対して日本の文化・歴史・地理の知識と言語能力を有する旅程管理業務主任者であると同時に、日本特有の「おもてなし」そして「真心のこもったサービス」を提供するものです。 認定者は、観光庁認定「国内旅程管理業務主任者」資格とAISO認定「ツアーガイド」資格を所持することができます。 認定後は、AISO正会員41の旅行会社(会員全体で年間約250万人の訪日旅行者を受け入れています)、あるいはその他の訪日旅行を実施している旅行会社、派遣会社でAISO認定ツアーガイドとして通訳業務に従事していただけます。 各言語での認定を行ない、それぞれの外国人旅行者に対する旅程管理・通訳業務を行っていきます。受講資格は、日本の在留資格を有する外国人、日本人であればどなたでも受講できますが、認定の際には、一定の語学能力(資格概要を参照)が必要です。 「通訳案内士」と「ツアーガイド」の違い 通訳案内士 報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内)をする。 つまり、有料にて外国語での観光案内をする際に必要な資格です。 ツアーガイド 報酬を得て、旅程管理業務及び通訳業務を行う。ツアーガイドに認定されるにあたっては、必ず旅程管理主任者(添乗員資格)を取得していただきます。認定者は外国人旅行者に対して、外国語にて旅程管理業務(ホテル、交通手段、観光地、レストランなどでの手続き)を行います。 つまり、有料にて、旅程管理業務及び通訳業務を行う認定資格です。 「通訳案内士」と「ツアーガイド」は互いに代わりとなるものではなく、互いの不足する部分を補う関係です。 既に 「通訳案内士」 資格を所持している方も、「ツアーガイド」 の認定講座に参加されております。その理由としましては、 「大人数に対する対応や旅程管理の知識も身につけたい」 「通訳案内士の仕事だけではなく添乗員の仕事も合わせて行っていきたい」 とのご意見が多いです。


AISOでは、「ツアーガイド」認定者に適切な教育、指導を行うことにより、訪日外国人旅行者に対するサービスの向上、満足度を高め、日本における訪日外国人旅行(インバウンド)の健全な発展を目指し、「観光立国 日本」の実現に貢献していきます。

ツアーガイド

MENU

皆様一度キーボードの一番上にF1~F12まであるキーボードボタンのF5を一度押してみてください。 F5ボタンはホームページを再度読み直す機能です。
ホームページやメルマガを充実させていきますので、お楽しみください。

PDFが見られない方へ
下記のadobe社の最新のAcrobat Reader DC をインストールしてください。
下記のロゴをクリックしてください。